猿王ホームページはこちら

「猿たちのつぶやき」、常時更新中!

     

見せちゃいましょう! サルブロで「熱ケツ戦隊 ゴエンジャー」のオープニング映像!

2016.09.25 ハシゴ猿
バッタ求めて・・でご猿。





息子の興味がカマキリからバッタに移り変わりました。



前にどデカイバッタを捕まえてからそのバッタのカッコよさに釘付けになったようで


午前中からバッタ採り。




久々の太陽の下で草っ原を集中して練り歩きます。


バッタって鳴くんですね。


キリキリキリ・・って。



その音に近づいて草をババってやると跳ねるんです。


途中まではまぁまぁ採れてたんですが、前に捕まえたヘビー級が中々いない。


でね、


父の嗅覚でここ怪しいなぁ・・と、ちょっと離れた茂みに入ると、




バババババ~って!



デッケ~バッタが飛び出しました!


息子と追いかけ追いかけ、ゲット!!


デカイのを捕まえたら、すぐに帰ろう!と言い出す息子。


早く家でゆっくり見たいらしいのと、


この茂みを誰にも知られたくない様子。





写真じゃわかりづらいですがデカイのと中くらいのを二匹だけ残して、後は逃がしてやりました。


そして、午後からはバッタ飼うためのエサの葉っぱを取りに行こうという話になり、また違うデカイ公園へ。



するとそこには何組も親子がアミと虫カゴ持って何かを採ってます。


血がさわぐ野崎家親子。


トンボやら、蝶々やら採ってまして、バッタはいませんか?って質問したら、一組の親子のお父さんが



「先週、デッカいトノサマバッタ捕まえましたよ」



と。



トノサマバッタ!!



息子の目の色が確実にキランて変わりました。



しかし結局、そこの公園では一匹も摂れず先ほどのお父さんにショウリョウバッタを一匹もらい帰路へ。




帰りの自転車の会話。

父 「先週だったら、トノサマバッタいたんだってよ」


息子 「じゃあ今度は先週来よう」


父 「・・・うん、先週はね、もう終わってんだよ」


息子 「だから次の先週に来よう」



いつになるかわからないけど、父は必ずトノサマバッタを摂るぞ!とこころに決めた瞬間でした。



Secret

TrackBackURL
→http://sarusaruking.blog73.fc2.com/tb.php/3839-cdee2fdf